年表
上から古い順



 
  先代の魔導体系が終焉  
 



 
  へーワ協会 発足  
 



 
  「幸せな人生の三つの約束」が暗黙の了解になる  
 



 
  フューイットがへーワ協会の会長へ就任

 マスター・フューイットと呼ばれ、多くの向人や魔導師に慕われる。

 
 



 
  半球氷結事件
 マスター・フューイット死亡

 悠遠の森の魔女(千年の方程式) が俗世帰り

 ウインター・ブレィスと千年の方程式が対決。
 それぞれ瀕死の重傷を負う。
 
 千年の方程式は春風三姉妹の長女ハルカの遺体へ
 素体(遺体)の記憶を残したまま上位互換の完全転生。
 
 ウインター・ブレィスは背丈の近い遺体へ
 素体の記憶を消して完全転生。
 
 
 



 
  脱出マジック失敗事故

 あの有名な大マジシャンが奇術に失敗し、
 棺の中で串刺しとなって即死。
 
ウインター・ブレィスと憎悪の火が対決

 憎悪の火が破れ、呪いにより肉体が
 近くの遺体(大マジシャン)へ自動的に転生。
 以降、包帯の男としてウインターを詮索。
 
 



 
 

 ハルカ(千年の方程式)、ナツミ、アキコが
 先代の遺跡(魔導兵器の廃棄処理場 跡地) へ向う。

 アキコが廃棄処理12番を引き抜き、
 剣の所有者(主)になる。

 
 



 
   エバニーとルークが婚約  
 



 
  少年争奪戦 勃発

 ウインター・ブレィスが少年と出会う

 
 



 
  メープルクライシスのタイザー暴走事件


 メープルクライシスタウンでバラバラ殺人が起き始める
 
 メープルクライシスホテルで創立記念パーティーが開かれるが、
 突如やって来た2匹のタイザーが50人中37人を殺害。
 行方不明4人、無傷8名、負傷者1名(ルークがタイザーに噛まれる)。
 
 翌朝の捜査で行方不明の4人が森の中に遺体で発見、
 パーティー会場の犠牲者数は合計41人に。
 
 狩りを楽しむかのようにタイザーが頻繁に人を襲うようになる。
 
 ルークのタイザー化が徐々に進行し始める。



 メープルクライシスレストランで食事をしていた春風三姉妹が
 タイザー襲撃のピンチに遭遇。アキコがこれに応戦。
 
 タイザー抹殺の任務をハルカがアキコへ命じる。
 
 
 
 メープルクライシスホテルに居たウインター・ブレィス、少年の2人に
 次期支配人のルークがタイザーの抹殺を依頼。少年がこれを承諾。
 
 
 
 包帯の男(憎悪の火) がメープルクライシスタウンに到着。
 ウインター・ブレィスの詮索を開始。



 
アキコとタイザーが対決

 ウインター・ブレィスが廃棄処理12番に触れ、右腕欠損。

 アキコが廃棄処理12番によってタイザーを仕留め、
 剣にタイザーの能力と魔力が吸収される。
 以降、夜(特に満月)には剣がパワーアップするようになる。

 メープルクライシスタウンに平和が戻る    中止されていたお祭りが再開    エバニーとアキコが婚約    ルークのタイザー化が進行していく  (昼に眠る、肌が黒くなる等)    中止予定だったお開き集会も再開決定    ルークのタイザー化がさらに進行  (徹夜で皿洗いしても全く疲れない、夕方でも日傘を差す等)    ルークがタイザーになる    エバニー死亡
包帯の男がウインター・ブレィスと対決。
 
 包帯の男が廃棄処理12番が強力な魔導兵器であるという秘密を知る

 ウインター・ブレィスに破れ、包帯の男死亡。
 呪いにより、肉体が近くの遺体(エバニー)へ自動転生。
 
 以降、エバニーの記憶を持った憎悪の火として
 廃棄処理12番の主となるべく、現所有者であるアキコの命を狙う。
 
 






 戻 る